SOC fuse technology for reliable comfort and safety in a rapidly changing world

New
社長である蟻川佳代子のインタビューが、アメリカの一流雑誌Foreign Affairs(2017年3/4月号)の日本特集PDF)に載りました(以下抜粋の仮訳):

“日本企業は、特に、安全基準と環境面の課題にいち早く対応してきた実績を持つが、この2つを最優先課題としている企業に、低電圧ヒューズを製造するSOCがある。
社長の蟻川佳代子は、次のように語る。「ヒューズは、さまざまなアプリケーションの安全を確保するための最後の防衛線を担う極めて重要な部品です。この責任は重大で、常に、お客様の技術的、あるいは個別のニーズにお応え出来るよう努めてきています。このことは、とりもなおさず、ビジネスが成長・拡大するチャンスにつながり、かつ、世界最高水準の技術を持つメーカーとしての地位を保つことにもつながるからです。」
既に、アジア、欧州および米国にも拠点を持つSOCは、自動車と再生可能エネルギー分野を、成長市場と見込んでいる。”


エス・オー・シー株式会社はグローバルに展開するヒューズ・メーカーです。
技術革新の最先端を走る世界のお得意様のご要求に応える信頼性の高い回路保護部品の研究開発に専念しております。

本ホームページの基本デザインや写真撮影の多くがSOCのスタッフにより行われました。 SOCはあらゆることを自社内で対応出来る体制を目指しています。